遺言や相続のお手続き

遺言の作成

遺言の作成

遺言 1.遺言とは 自分が死亡した時に財産等を誰に承継させたり、どのように分配するか等について、自己の最終意思を書き残しておくものです。原則として「遺言書」がある場合には、法定相続より優先されて遺言書の記載内容に従って遺産の分配を行います。そこで、「遺言書」の中で、日ごろお世話になった方、感謝を伝えたい方に一定の財産を残す旨を書いておけば、その思いを伝えるとともに、相続人以外の方に対しても財産をお渡しできるものです。これを遺贈といいます。 このように「遺言」とは後に残る人たちへの感謝や愛情の表現と言えるのではないでしょうか?...

相続の事務手続き

相続の事務手続き

1.相続とは 「相続」とは亡くなった人の財産を、妻や子供などの特定の関係者に渡して承継させること、つまり遺産を貰うことです。 法律では亡くなった人を「被相続人」といい、財産を貰う人を「相続人」といいます。 「相続」は被相続人が死亡した時に始まります。 2.遺産とは 「遺産」とは相続財産とも言われ、亡くなった人が遺した財産で、これが相続の対象となります。...