民法の家族法が改正されました。(改正点まとめ)

1、遺言制度に関する見直し(2019年1月13日施行) 自筆証書遺言の方式が緩和されました。( 財産目録のパソコン等での作成が認められました。) 法務局における自筆証書遺言の保管制度が創設されました。(遺言書を滅失する可能性が格段に減りました。この保管制度を利用した場合は、家庭裁判所での検認が要りません。)   2、遺言執行者の権限の明確化(2019年7月1日施行) 遺言施行者の権限・責務が明確化されました。(遺言内容の実現化をさせる代理人としての立場が明確になりました。)  ...

交通事故

こんな悩み、抱えていませんか? 交通事故は、一人の人間がその人生において、何度も経験することではありません。 こんな思いをしていませんか。 保険会社の説明がよくわからない。 こちらは何も分からない素人だし、いいようにあしらわれているように感じる。 保険会社の示談案に納得がいかない。 こんなに辛い思いをしているのに・・。 提示案が妥当なのかわからない。 保険会社の担当者に誠意が感じられない。 心無いことばを度々浴びせられて、担当者とはもう話をしたくない。 保険会社に一方的に治療中止を迫られた。...

夫婦財産契約

夫婦財産契約とは 結婚前に、共同生活の費用負担、婚姻中に取得した財産の帰属、財産の管理・運営などのルールを契約として締結することです。 相続財産が多い方や資産家の再婚などの場合に夫婦財産契約を結ぶことが多いのですが、最近では夫婦財産契約制度がある国の方との婚姻の際に、夫婦財産契約を結ぶ例が多く見られます。 契約締結 婚姻前に契約を締結しなければなりません。婚姻届出後に変更することは可能ですが、変更にはかなり厳格な規定があります。「変更はできない」と考えて契約内容を決めることをお勧めします。 登記...

在留資格

在留資格とは 外国人が日本に滞在する場合、27種類ある在留資格(滞在する目的)から、その活動にあった在留資格を取得しなければなりません。 また、活動内容が変わったら、在留資格も変更しなければなりません。 外国人を雇用する。 単純労働による雇用はできません。 業務内容によって在留資格が異なり、求められる要件が異なりますが、共通する要件等は以下のとおりです。 業務内容...