資格外活動許可について

これまで資格外活動許可は窓口で受け取らなければなりませんでしたが、今年の1月から郵送での受け取りも可能になりました。それに伴い、窓口の場合は証印シールがパスポートに貼られていましたが、郵送の場合は証印シールの代わりに資格外活動許可書が発行されます。 当事務所はオンライン申請に対応しておりますので、県内外問わずお困りごとがあればぜひご相談ください。...

Fukuokaminami’s log

最近、私たち外国人の間である話題が広がっています。それは既に永住権を取得している外国人が、永住権を取り消される可能性があることです。故意に税金や社会保険料の未納や滞納を繰り返した場合や、窃盗などの罪で1年以下の懲役や禁錮になった場合は永住許可を取り消すか、ほかの資格に変更できるように在留資格制度を見直す方針を固めたそうです。永住権を取得しても取り消されますので、取得後も法律を守らなければならないですね。PN.torii...

入札参加(定期申請)のお知らせです。

入札参加(定期申請)のお知らせです。 宇美町・・・受付期間(令和6・7年度)      令和6年2月1日~令和6年2月29日 吉富町・・・受付期間(令和6・7年度)      令和6年2月1日~令和6年3月29日 香春町・・・受付期間(令和6年度)      令和6年2月1日~令和6年3月31日...

行政書士試験合格発表

先月31日に令和5年度の行政書士試験の合格発表がありました。令和5年度は、全国で46,991名の方が受験され、6,571名の方が合格されました。合格率は13.98%と高めでした。福岡県では、1,668名の方が受験され、200名の方が合格、合格率は11.99%でした。これから、この新しく合格された方々が行政書士として登録し、力を発揮されていくことだと思います。毎年2月は、私達の事務所も新しい方々に負けないように取り組まねばと、気を引き締める月になっています。PN.所長...

戸籍の読み方について

相続とは、簡単に言えば、故人が生前有していた様々な財産を「特別な資格」がある親族などで分配することをいいます。そして、この特別な資格のことを、民法では「相続権」といいます。故人の親族であっても、相続権を持っている人と持っていない人がいるため、誰が相続権を持っている親族なのか(これを「相続人」といいます)を公的に確定させなければなりません。ここででてくるのが戸籍です。故人の出生から死亡までのすべての戸籍を収集し、相続人を確定しますが、戸籍法の改正や仕様改製などもあり、なかなか読み解くには骨が折れます。詳しくは私どもの事務所へご相談くださ...

私はまだまだ現金での生活…

5、6年ぶりに中国に帰国しました。街に出て、交通機関やスーパー、市場、観光地と、全て携帯や顔認証で支払い。誰も現金を持っていないです。現金で支払うのは自分くらいで、少し恥ずかしかったです。ここ数年自分の国で、キャッシュレスがそんなに普及していることに驚きました。日本でもキャッシュレス化は進んでいますが、私はまだまだ現金での生活です。PN.torii...